忍者ブログ

Lucifer Rising

Since2010─初心者のウクレレ製作記、いろいろ(笑)─
07 2017/08 1 2 3 4 56 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31 09

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 08/22/17:58

【カンテレ】第4回。表板、側板を接着。ポンシを成形する。

サウンドホールをなんとか開けることがでけましたので、勢いに乗って(笑)各所を接着いたします。そして、接着後の放置時間を利用してポンシを成形しました。



例によって、タイトボンドの登場です。楽器木工ときたらコレなんだ、と勝手に決め付けております。(笑)
くっつける両面にボンドを塗って、少し置いてから接着します。それぞれの箇所がズレたりしないように、若干接着剤が落ち着くまでクランプをかけるのも様子を見ながら。



おおう!なんと乱暴!!
クランプをあちこちにかけておりますが、本当はアテ木をしないといけませんでした。(;^ω^)
アテ木がないからといって、怠けたら、木材がとても柔らかかったから、クランプ跡がついてしまいました・・・。(反省)

これから作る方は絶対木をつけてくださいね♪
コレは佐藤先生の説明書のとおりにすべきだった・・・!
側板は、ウクレレキットについてきたゴムベルトでぎゅっと締めました。
使い回しヽ(´ー`)ノバンザーイ♪



で、接着してる間は本体いじれませんので、
ポンシを加工します。やすり類で角の面を取る・・・のですがっ

この、ポンシの木材が、と~て~も~硬いのです。

タブの木なんでしょうか?
つまり、とても丈夫ということなんですね♪めげずにサンドペーパーと金やすりでごりごりやっていきます。



・・・こんな感じ?
接着後の本体にのっけてみましたv

ええ、完成後のイメージをはっきりさせておくことはとても大事ですっ(笑)



まだまだ先が長そう・・・・orz

拍手[0回]

PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら
新着記事
(11/23)
(12/25)
(12/11)
(11/23)
(11/03)