忍者ブログ

Lucifer Rising

Since2010─初心者のウクレレ製作記、いろいろ(笑)─
05 2017/06 1 2 34 5 6 7 8 9 1011 12 13 14 15 16 1718 19 20 21 22 23 2425 26 27 28 29 30 07

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 06/24/08:59

荒木 飛呂彦 / バオー来訪者



週間少年ジャンプに連載されていた時分の切り抜きをしばらく保管していたのですが、さすがにインクが古くなって滲んでしまい、大分前に処分してしまいました。

それからずっと単行本を買う機会を狙っていたのですが、買いそびれてました。そうこうしてるうちに書店から単行本が姿を消してしまいました。

しかし、ここしばらく荒木先生の個性的すぎる漫画はとても評価されていると思うし、デビューした頃近辺の過去作も然り。
本当に、「唯一無二」。誰にもマネできない独特の作風を確立していたと思えます。
そういった根強い人気の賜物といえるでしょう。集英社文庫で最近買うことができました。

文庫版ですから、絵のサイズは小さいんですが
それでも懐かしく当時を思い出しながら読むことができました。

連載当時の事情はわかりませんが、打ち切りだったんでしょうか?
それにしてもラストが心を打ちます。
文庫版の後書きでは、「続編は描かない」と作者は語っておられます。

・・・それでいいのでしょうね。

ラストは読み手が想像していいのでしょう。
と、いうよりも、育朗の体の中にはまだ寄生虫・バオーはいるだろうし、この後の展開は単純にハッピーエンドにならないようなシビアな展開を想像するのが普通でしょう。
「幸せへの含みを感じられる、ここで物語を終わらせておきたい」という心情だったんでしょうか。


読んだあと、劇場版のアニメを動画サイトで探して見てしまいました!

古いアニメではありますが、動くバオー=育朗を見ることができて感動でありました!(^ω^)

拍手[0回]

PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら
新着記事
(11/23)
(12/25)
(12/11)
(11/23)
(11/03)